緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう マインドフルネス瞑想の基本と実践

「緩和ケア」2012年11月号
緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう マインドフルネス瞑想の基本と実践

井上 ウィマラ(高野山大学 文学部)
 

 マインドフルネス瞑想は,仏教の基本的瞑想法が西洋で心理療法や医療に取り入れられる流れの中で注目されてきた心身の総合的な訓練体系である。ストレス緩和法からうつ病再発防止の認知療法,最近ではPTSD(post traumatic stress disorder)の治療における暴露法の補助としても幅広く用いられるようになってきている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る