緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう 忙しい日々に,香りにゆだねるひとときを―アロマセラピーの実践

「緩和ケア」2012年11月号
緩和ケアに携わる人の“つらさ”と癒し こころと身体をほぐそう 忙しい日々に,香りにゆだねるひとときを―アロマセラピーの実践

宗定 水奈子(がん・感染症センター都立駒込病院緩和ケア病棟)

 心と身体は密接なつながりがあるので,精油を選ぶ時は「いいな」と心に響く香りがその時身体が必要としている精油,と考えて決めるのも一案である。また,有機化学の成分と働きから選ぶこともできる。興味のある方は,ぜひ参考文献を参照してほしい。また,妊娠中には避けた方が良い成分を含む精油などがあるので,事前に専門書で確認しておくことを勧める。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る