緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 調査報告 緩和ケア認定看護師の役割認識と背景との関連

「緩和ケア」2012年11月号
調査報告 緩和ケア認定看護師の役割認識と背景との関連

井上 佳代(元名古屋大学大学院医学系研究科博士前期課程看護学専攻)
澤井 美穂(公立学校共済組合東海中央病院看護部)
安藤 詳子(名古屋大学大学院医学系研究科)

 緩和ケア認定看護師は,2011年11月時点で1,100名となり,がん患者の増加と多死時代を迎える今,緩和ケアの質を高めるために中核的役割を担うことが期待されている。しかし,認定看護分野専任で働く認定看護師は少なく,管理職の兼務や交代勤務の中で時間外労働による活動を行い,時間的制約などの問題から本来の役割を発揮しにくいのが現状である。このような中で,緩和ケア認定看護師が担う具体的な役割認識を明らかにし,その役割認識と背景との関連を明らかにすることは重要である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.6

緩和ケア 2012年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る