緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 「もしも…」のことをあらかじめ話しておいたらどうなるか?

「緩和ケア」2012年9月号
「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 「もしも…」のことをあらかじめ話しておいたらどうなるか?

木澤 義之(筑波大学医学医療系臨床医学域)

アドバンス・ケア・プランニング(advance care planning;ACP)とは,狭義に考えると「自己決定能力がなくなった時に備えて,あらかじめ自分が大切にしていること,治療や医療の希望,代理意思決定者などを話し合うプロセス」であり,広義に捉えれば「自分がこれから重篤な病気や状態になった時に,どこでどのようにどうやって過ごしたいかを話し合うプロセス」と捉えてもよいだろう。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.5

緩和ケア 2012年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る