緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 本人の意向と人生の物語りという観点での最善―治療の差し控えと中止をめぐって

「緩和ケア」2012年9月号
「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 本人の意向と人生の物語りという観点での最善―治療の差し控えと中止をめぐって

清水 哲郎(東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座)

 筆者は,ガイドラインの文言の起草および共同検討に基づく推敲役をした。また並行して,口から食べられなくなった時に本人・家族が自ら考えて,主体的な選択ができるように援助するための「本人・家族のための意思決定プロセスノート」を作成した。その過程でアドバンス・ケア・プランニングに関連すると思われる若干の点を考えたので,それを以下に提示したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.5

緩和ケア 2012年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る