緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 体験が教えてくれたアドバンス・ケア・プランニングの大切さ

「緩和ケア」2012年9月号
「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 体験が教えてくれたアドバンス・ケア・プランニングの大切さ

竹之内 沙弥香(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻臨床看護学講座)

 「気が重い」「おせっかいかもしれない」「また今度にしよう」と,患者とエンド・オブ・ライフ(end of life;EOL)について話すことを避けたり,患者と家族がEOL について話し合う機会を与えられなかったりした結果,患者にとって不本意であろう最期を目の当たりにし,後悔した経験はないだろうか? もし,医療チームが適切にアドバンス・ケア・プランニング(advance care planning;ACP)を行えれば,このようなジレンマはかなり軽減される。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.5

緩和ケア 2012年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る