緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 医療における意思決定支援のプロセスとその実際

「緩和ケア」2012年9月号
「もしも…」のことをあらかじめ話し合おう ―アドバンス・ケア・プランニングの実践 医療における意思決定支援のプロセスとその実際

阿部 泰之(旭川医科大学病院 緩和ケア診療部)

 本稿では,自らの生命に関わる決定,終末期に関する決定など医療において困難な意思決定の支援について取り上げる。手がかりとなるのは今回の特集のテーマでもあるアドバンス・ケア・プランニング(advance care planning;ACP)であろう。

 本稿においては,ACPを「将来の意思決定能力の低下に備えて,今後の治療・療養に関する意向,代理意思決定者などについて患者・家族とあらかじめ話し合うプロセス」(National Health Service のガイドライン1)を参考に筆者が要約したもの)として論を進める。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.5

緩和ケア 2012年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る