緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 在宅ホスピス緩和ケアにおけるチームアプローチ〈最終回〉 今後の課題 ―緩和ケア専門診療所を中心としたネットワークの必要性

「緩和ケア」2012年9月号
在宅ホスピス緩和ケアにおけるチームアプローチ〈最終回〉 今後の課題 ―緩和ケア専門診療所を中心としたネットワークの必要性

川越 厚(クリニック川越)

 前回,地域の緩和ケアを充実するためには,一体型の緩和ケアチームを地域ごとに育てなければならない,という趣旨のことを書いた。シリーズ最終回の今回は,若干の違いがあるにせよ,このような緩和ケア専門診療所(ほとんどが無床診療所)が,わが国にはすでに多数とはいわないが決して少なくない数が存在し,そのことによって地域が変わってきたことを紹介したいと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.22 No.5

緩和ケア 2012年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る