緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 現場で活用できる意思決定支援のわざ エンド・オブ・ライフケアにおける意思決定の考え方

「緩和ケア」2015年5月号
現場で活用できる意思決定支援のわざ エンド・オブ・ライフケアにおける意思決定の考え方

尾藤 誠司(国立病院機構 東京医療センター 総合内科)

 本稿では,まず医療における意思決定の特徴について論述し,その後,特にエンド・オブ・ライフ・ケアにおける意思決定において,医療者が配慮する必要がある点について考察する。そのうえで,医療者が,意思決定のプロセスを患者や患者の関係者とともに考え,患者に対する意思決定を支援するうえで,どのようなことを念頭に置くべきかについて,考察したい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る