緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<3> 乳がんリンパ浮腫がみられる場合の洋服選びのコツ 利き腕が腫れてしまった時の生活への配慮のコツ

「緩和ケア」2015年5月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<3> 乳がんリンパ浮腫がみられる場合の洋服選びのコツ 利き腕が腫れてしまった時の生活への配慮のコツ

大畑 美里(聖路加国際病院 ブレストセンター)

● 上肢にリンパ浮腫がある場合,襟ぐりや袖口が広い洋服は脱ぎ着がしやすい。
● ウールやナイロン製の素材は,皮膚を乾燥させやすいため,綿素材の肌着をつけるなど,工夫する。
● 注意事項を強調するのではなく,生活スタイルに合った工夫を示し,療養生活を支える。
● 利き手の作業のあとは,腕を挙上することで,患肢の負担を減らすとよい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る