緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 落としてはいけないKey Article<3> 輸液の効果に関する20年にわたる積み重ねの比較試験

「緩和ケア」2015年5月号
落としてはいけないKey Article<3> 輸液の効果に関する20年にわたる積み重ねの比較試験

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)

 今月は,長きにわたって「する・しない」論争が行われてきた,死亡直前の輸液に関する執念の比較試験を扱います。

 日本では特に有名な,Bruera1)がずっと手がけてきた,終末期の輸液に関する一番新しい比較試験です。腫瘍学雑誌としてトップクラスの『Journal of Clinical Oncology』に掲載されました。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る