緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 見学では分からない海外事情<3> 米国・日本での経験からみえるカナダ ブリティッシュコロンビア州の緩和ケアの今

「緩和ケア」2015年5月号
見学では分からない海外事情<3> 米国・日本での経験からみえるカナダ ブリティッシュコロンビア州の緩和ケアの今

岩本 喜久子(医療ソーシャルワーカー)

3カ国にわたるホスピスでの経験
 筆者は,幼い頃から医療分野で仕事をしたいけれど,医師や看護師という職種ではなく,違うことをしたいと考えていました。ある時,米国には,医師・看護師以外の人が,医療現場で,患者・家族を支える環境があり,それはソーシャルワーカーという仕事であると知りました。このことがきっかけで留学を決意し,米国オレゴン州,ポートランド市内の大学と大学院でBSW(bachelor of social work),MSW(master of social work)の学位を取得しました。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年5月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る