緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<2> 悪性消化管閉塞に対するオクトレオチド

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<2> 悪性消化管閉塞に対するオクトレオチド

久永 貴之(筑波メディカルセンター病院 緩和医療科)

 オクトレオチドを含む薬物療法の効果が得られない場合に,中止の判断をすることは,比較的容易である。しかしながら,ある程度効果がありそうで症状が落ち着いている場合,いったん開始した薬剤の減
量や中止の判断は難しく,漫然と投与が継続されいることも多い。保険適応の投与方法は,持続皮下投与とされているため,ADL 向上や在宅移行のバリアとなることもあり,また特にオクトレオチドは高価な薬剤であり,医療費の問題も生じる。
 これまで,明確な減量や中止の判断基準は明らかにされておらず,本稿ではその目安や手順についてお示しする。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る