緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<3> 輸血(赤血球・血小板)のやめどき─在宅や緩和ケア病棟など,療養場所の検討へも影響がある場合

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<3> 輸血(赤血球・血小板)のやめどき─在宅や緩和ケア病棟など,療養場所の検討へも影響がある場合

廣橋 猛(永寿総合病院 緩和ケア科)

 終末期患者において,血液疾患や出血のみならず,慢性炎症など,さまざまな原因によって,貧血・血小板減少が進行することは,頻繁に起こりうる。輸血依存性の患者さんにとって,輸血は広義の延命治療になりうる。同時に,療養の場所によっては,輸血実施が困難であるため,輸血の有無が終末期の過ごし方に,大きな影響を与えてしまっている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る