緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<6> 「 離別した娘に最期に会いたい…」でも家族は会わせたくない

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<6> 「 離別した娘に最期に会いたい…」でも家族は会わせたくない

丸山 美香(新潟県立がんセンター新潟病院 看護部)

 終末期がん患者は,痛みなどの身体的苦痛症状を体験するとともに,社会的・精神的・スピリチュアルな苦痛を体験する。その過程で,「これまでの自分の人生を振り返り,整理を行いたい」と願う時が訪れる。限りある時間の中での希望の実現や,実現に向けての支援を受けることが,スピリチュアルケアとなり,患者の残された時間のQOL 向上につながる。
 離別した子どもがいる場合は,「一目会って話したい」「親子関係の修復を図りたい」という希望をもつことが多い。しかし,このような患者の希望の実現については,元配偶者や子どもの意思により,左右されることになる。
 本稿では,がん治療を受けている患者が生命予後を告知され,離別した子どもに会うことを希望したが,元配偶者がそれを拒否しているケースに対し,看護師としての関わりの1 例を述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る