緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<5> 患者と希望の合わない元配偶者

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<5> 患者と希望の合わない元配偶者

杉田 智子(淀川キリスト教病院 がん診療センター,緩和ケアチーム)

 臨床において緩和ケアを実践するうえで,私たち医療者は,患者・家族の意向を大切にしたいと思い,関わっている。しかし,患者・家族の意向が違う場面に遭遇することも多く,悩むことが少なくない。正解がない中,患者・家族にとっての最善は何かを考え,より良いケアを提供するために,カンファレンスで話し合いを重ねているのではないだろうか。
 本稿では,患者(妻)は「会いたくない」と言っているが,元夫は「会いたい」と訴えてくる,といった事例について,倫理的視点から考えてみたいと思う。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る