緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<1> 補完代替医療をめぐる患者と家族の意見の違い

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者と家族のあいだで】<1> 補完代替医療をめぐる患者と家族の意見の違い

海津 未希子(東京大学医学部附属病院 看護部)

 補完代替医療は,科学的検証が十分に行われておらず,根拠となるのは,体験レポートや権威者の推薦など,信頼性に乏しいものばかりではないだろうか。まして,保険適応が認められていない領域であることから,医療者の関心は低く,患者・家族が話題にしてきても,その効果と持論を説明するに終わらせていることが,多いのではないだろうか。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る