緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【家族との対応】<3> 看取りが近い時期に「一度,家に帰ってきたいけど大丈夫?」と言っている家族への対応

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【家族との対応】<3> 看取りが近い時期に「一度,家に帰ってきたいけど大丈夫?」と言っている家族への対応

清原 恵美(聖隷三方原病院 看護部)

 看取りのプロセスにおいて,家族は,悲しみ・怒り・寂しさ・後悔・無力感などの,さまざまな感情を体験する。家族が体験している感情に対して,どのように対処していくかは,病気の進行経過,今までの関係性,文化的・宗教的背景,コーピングスタイル,社会的・経済的状況,などが影響を与える。そのため,医療者は,家族の背景を十分に理解したうえで,支援していくことが大切である。
 本稿では,死が間近に迫った患者の家族が,ベッドサイドから遠ざかろうとしている場面で,看護師がどのように支援することが望まれるのかを,考えてみたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る