緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者との対応】<4> 病状を否認する患者

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者との対応】<4> 病状を否認する患者

藤原 由佳(神戸大学医学部附属病院看護部)

 生命を脅かす疾患,進行性の疾患に罹患した患者は,病名の告知,再発の告知,病状進行の告知など,bad news を何度も聞くことになる。中でも,継続してきた治療の効果が望めなくなった時期のbad news は,死を連想させるものであり,患者の衝撃は大きく,医療者は対応に苦渋することがよくある。
 本稿では,病状を受け入れられない患者を想定し,看護師の立場での対応について述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る