緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者との対応】<2> 医療者によって訴えが異なる患者への対応―患者の真意を捉え,支援する

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「どうしたらいいのか」悩む場面―正解のない状況でのコミュニケーションや考え方【患者との対応】<2> 医療者によって訴えが異なる患者への対応―患者の真意を捉え,支援する

山口 郁美(聖路加国際大学 聖路加国際病院 看護部(聖路加国際大学))

 終末期がん患者は,身体的にも精神的にも多くの不安や苦痛を抱えている。
 私たち看護師は,患者の日常生活に深く関わるため,不安や苦痛を表出する場面に立ち会う機会が多い。しかし,未だがんは死を連想させる疾患であることから,がんの進行に伴う身体的症状のみならず,患者の性格や死生観,人間関係など,さまざまな要因が,不安や苦痛に大きく関与する。
 そのため,患者の不安や苦痛の表現は,対応する医療者の職種によって異なったり,患者の真意をどのように捉えて対応したらよいか,困惑することも少なくない。
 本稿では,入院患者・外来患者それぞれについて,対応に困惑した症例をもとに,支援の方法について考えていきたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る