緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<8> 下肢静脈血栓症,Trousseau症候群(多発性の脳梗塞),血栓症の予防

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<8> 下肢静脈血栓症,Trousseau症候群(多発性の脳梗塞),血栓症の予防

赤司 雅子(独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院 緩和ケア内科)

 近年,患者やがん腫などのリスクごとに,DVT に関する知見が蓄積されている1)が,一方で,終末期がん患者の抗凝固薬療法に関するエビデンスは乏しい。本稿では,終末期がん患者のDVT への対応について概説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る