緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<4> がん終末期の繰り返すまたは治療抵抗性の高カルシウム血症

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<4> がん終末期の繰り返すまたは治療抵抗性の高カルシウム血症

松田 洋祐(聖路加国際病院 緩和ケア科)

 本稿では,がん終末期患者(予後週~短めの月単位を想定)でよく遭遇する,数回治療して下がりが悪くなってきた時の高Ca 血症への対応について,エビデンスや考え方を概説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る