緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<1> 熱源がはっきりしない発熱のマネジメント

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「治療するかしないか」について悩む場面―新しく治療・ケアを始めるのか?<1> 熱源がはっきりしない発熱のマネジメント

森岡 慎一郎(在沖縄米国海軍病院 日本人インターン(元 静岡県立静岡がんセンター 感染症内科))
森 雅紀(聖隷浜松病院 緩和医療科)

 感染症は,終末期がん患者の合併症で死因の第1 位を占める非常に重要な状態であり1,2),生存期間を短縮させうるだけでなく,さまざまな症状を惹起し,QOL を著しく低下させうる。しかし,終末期がん患者を対象とした明確な感染症診療指針は存在せず,経験的な診療がされているのが現状である3)。そのため,熱源がはっきりしない発熱を呈した終末期がん患者を診る際,どの程度熱源検索のための検査を行い,どの程度治療を行うかに関して,悩むことが多い4)。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る