緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<15> 在宅移行後の病院への通院

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<15> 在宅移行後の病院への通院

本田 晶子(訪問看護パリアン)

 化学療法や放射線治療のために,外来通院する患者の自宅での管理を,在宅医療機関に委ねられる場合がある。治療の目的や効果が明らかで,患者自身が通院できている場合はあまり問題とならないが,病状やPS(performance status)が悪化してくると,「いつまで通院し続けるべきか」患者・家族はもちろんのこと,医療者にとっても悩む場面となる。
 本稿では,「在宅移行後の病院への通院をいつやめるべきか」在宅で関わる医療者がどのように考え,実践しているかについて,病院との連携のあり方を含めて述べる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る