緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<5> 飲めなくなった時のステロイド,どうする?

「緩和ケア」2015年6月増刊号
「やめどき」について悩む場面―これまで行っていた治療・ケアを続けるのかやめるのか?<5> 飲めなくなった時のステロイド,どうする?

浜野 淳(筑波大学 医学医療系)

 緩和ケア医は,ステロイド処方に関して,「非特異的な目的に対して処方していること」「処方後のモニタリングやreview がないこと」,そして「中止する方法」などについて,不安があるという報告3)もあり,緩和ケアの現場でステロイドは頻用されているが,適切な使い方や,やめ方に関して,一定の見解がないことが分かる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.3

緩和ケア 2015年6月増刊号

¥3,000(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る