緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 認知症のあるがん患者へのケアのコツシリーズ<3> 認知機能低下のあるがん患者の苦痛の評価

「緩和ケア」2015年7月号
認知症のあるがん患者へのケアのコツシリーズ<3> 認知機能低下のあるがん患者の苦痛の評価

荒井 和子(元 東京都健康長寿医療センター 緩和ケア内科)

 社会の高齢化に伴い,認知症の有無にかかわらず,認知機能低下のあるがん患者の数も確実に増加している。緩和ケア病棟入院患者も例外ではない。東京都健康長寿医療センター(以下,当院)での1例を振り返り,認知機能低下のあるがん患者の苦痛緩和について考える。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.4

緩和ケア 2015年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る