緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > いま伝えたいこと―先達から若い世代に<4> エリートのケアから手の届くケアへ

「緩和ケア」2015年7月号
いま伝えたいこと―先達から若い世代に<4> エリートのケアから手の届くケアへ

季羽 倭文子

 「今,イギリスに行っても何も新しいことを学べない」という大先輩の忠告にもかかわらず,ロンドンに留学したのは,なんと43年前の1973年のことでした。訪問看護のコース終了間際に,「日本に帰る前に,新しいことを見学しませんか」と,訪問看護指導師長に勧められ,1975年に,聖ジョージ・ホスピスを訪れました。当時の日本には,まだホスピスの情報は届いていない時でした。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.4

緩和ケア 2015年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る