緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<4> 抗がん剤治療中の悪心「仕方がない」とあきらめてよい?

「緩和ケア」2015年7月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<4> 抗がん剤治療中の悪心「仕方がない」とあきらめてよい?

西 智弘(川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター)

● 緩和ケア医として,抗がん剤や放射線治療の支持療法に習熟することは重要である。
● 病状進行や電解質異常,その他の内科的な問題をチェックし,精神的不安に対応する。
● レスキュー薬としてオランザピンの使用を勧めてみる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.4

緩和ケア 2015年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る