緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<4> 緩和ケアスクリーニングを定着させるためのコツ

「緩和ケア」2015年7月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<4> 緩和ケアスクリーニングを定着させるためのコツ

佐久間 由美(聖隷三方原病院 看護部)

● 緩和ケアスクリーニングの目的は,「がん治療の完遂」「がんによる苦痛症状の軽減」「日常生 活への支障を最小限にすること」にある。
● 緩和ケアスクリーニングの目的を,患者・医療者みんなで共有する。
● 重要なのは,苦痛に対応する仕組みをつくることである。
● 運用方法は,現場のスタッフと決める。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.4

緩和ケア 2015年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る