緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > FAST FACT<4> におい(wound odor)

「緩和ケア」2015年7月号
FAST FACT<4> におい(wound odor)

松原 康美(北里大学病院 がん看護専門看護師)

 wound odor(創傷臭)は,主として滲出液がある創傷から発生するにおいをいう。多くは,不快なにおいを呈し,慢性創傷である褥瘡,下腿潰瘍,糖尿病性潰瘍,腫瘍自壊創,壊死組織が存在する創傷に発生する1)。
 腫瘍自壊創のある患者の8割以上は,においによる問題を抱えていると報告され2),wound odorは,患者の身体的・心理的負担になり,対人関係や社会生活にも影響を及ぼすことから,QOLが低下する原因にもなりえる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.4

緩和ケア 2015年7月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る