緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 悪性消化管閉塞にどう対応する?どうケアする? 悪性消化管閉塞に対する薬物療法のコントラバーシー <2> 抗コリン薬(スコポラミン)─出番はあるのか? その使用法は?

「緩和ケア」2015年9月号
悪性消化管閉塞にどう対応する?どうケアする? 悪性消化管閉塞に対する薬物療法のコントラバーシー <2> 抗コリン薬(スコポラミン)─出番はあるのか? その使用法は?

安保 博文(六甲病院 緩和ケア内科)

 スコポラミンがオクトレオチドと比較して薬理学的に優る点は,①副交感神経拮抗作用により蠕動を抑制するため,強い疝痛に対してより有効である可能性があること,②嘔吐中枢に対する神経学的な制吐作用を有すること(血液脳関門を通過するハイスコ®の場合),の2点が挙げられる。
 さらに,臨床上何より有用なのは,オクトレオチドと比較してスコポラミンの費用が非常に安いことである(表1)。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.5

緩和ケア 2015年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る