緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 見学では分からない海外事情<5> イギリスでマクミランナースとして働いて

「緩和ケア」2015年9月号
見学では分からない海外事情<5> イギリスでマクミランナースとして働いて

マクンデ外狩仁美(Macmillan Palliative Care Clinical Nurse Specialist Charing Cross Hospital, Imperial College Healthcare NHS Trust)

 マクミランナースとは,マクミランキャンサーサポートというチャリティ団体が国の医療サービス(NHS;National Health Service)に資金を提供して作られた役職に従事するナースの名称である。緩和ケアだけでなく,種々のがん(肺がん,消化器がん,婦人科系のがん,血液関連など)を専門とするマクミランナースもいる。マクミランナースになるには,看護師経験が5年以上で,そのうち「がんまたは緩和ケアの経験が2年以上あること」「専門分野での学位を保持」または「大学院への進学の意思がある」「薬を処方することのできる資格の保持(イギリスでは専門的なトレーニングを積むことにより,看護師であっても薬を処方できるようになる)」「マネージメント経験があること」が望ましいとされている。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.5

緩和ケア 2015年9月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る