緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 特集にあたって

「緩和ケア」2016年1月号
すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 特集にあたって

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)
柏木 夕香(新潟県立がんセンター 新潟病院 緩和ケアセンター)

痛みや呼吸困難,悪心のような代表的な症状には,ガイドラインがあり,おおむね行うべき治療が決まっている。臨床家は,悩みながらも,「まぁ,これくらいやればだいたいは“合格”だろう」という線をイメージすることができる。

今回の特集では,ガイドラインなどはっきりした記述のない症状や,遭遇する頻度は比較的少ないが難渋することが多い症状について,以下の点を専門家の立場から明らかにした。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る