緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 腕神経叢浸潤による神経障害性疼痛

「緩和ケア」2016年1月号
すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 腕神経叢浸潤による神経障害性疼痛

波多野 貴彦(京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学講座)
細川 豊史(京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学講座)

がん患者に生じる神経障害性疼痛の原因としては,①がんそのものによる(脊髄圧迫症候群や悪性腸腰筋症候群,腕神経叢浸潤に伴うものなど),②がん治療による(化学療法,乳房切除後疼痛・開胸術後疼痛,放射線療法後など),③がんやがん治療と直接関係のないもの(帯状疱疹後神経痛,糖尿病性神経障害,脊柱管狭窄症など)があり,痛みの原因を身体所見や画像検査から包括的に評価することが,まず重要である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る