緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 厄介な直腸テネスムス

「緩和ケア」2016年1月号
すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 厄介な直腸テネスムス

上元 洵子(聖隷三方原病院 放射線治療科)
福田 かおり(聖隷三方原病院 看護部)
森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)

問診で直腸テネスムスが出現してからの経緯,下痢や出血の有無,便意切迫感・苦痛を感じる程度・時間,トイレ移動を含めた生活への支障,気持ちのつらさなど,問診上も総合的な評価を行う。これらは,鑑別・可逆性の要因の評価,ケア的介入の工夫などにつながる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る