緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? おさまらない下痢

「緩和ケア」2016年1月号
すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? おさまらない下痢

清水 啓二(淀川キリスト教病院 ホスピス・こどもホスピス病院 ホスピス科)
藤原 恵美子(淀川キリスト教病院 専門・認定看護師室,皮膚・排泄ケア認定看護師)

病歴を丁寧に聴取し,下痢の原因に沿った初期治療を行うと同時に,水分電解質補給や環境面の整備を行うことを目標としたい。
原因の推察としては,「急性下痢」か,2週以上持続している「慢性下痢」か,分けて考える。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る