緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 発汗・多汗

「緩和ケア」2016年1月号
すっきりしない症状への対応─どこまでやれば「合格」か? 発汗・多汗

関本 剛(関本クリニック)
久保山 千鶴(関本クリニック)
堀 加代子(関本クリニック)
福田 清美(関本クリニック)
久米 律子(関本クリニック)

がん患者の発汗は,高度な場合睡眠の妨げとなることもある。痛みや呼吸困難など,ほかの苦痛緩和のために日々奔走する中で,われわれは,発汗による苦痛を患者に我慢させてしまってはいないだろうか? 本稿では,おもに,がん患者における発汗・多汗に対する薬物療法と看護ケアについて解説する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る