緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<7> 血尿にアドナ®・トランサミン®はやってはいけないのか?

「緩和ケア」2016年1月号
緩和ケア口伝―現場で広がるコツと御法度<7> 血尿にアドナ®・トランサミン®はやってはいけないのか?

三浦 剛史(三井記念病院 緩和ケア科)

● 肉眼的血尿に,必ずしもトラネキサム酸は禁忌ではない。
● 止血薬投与の前に,膀胱内の凝血塊がないことを確認する。
● 尿中の血液量を減らす持続膀胱洗浄は,トラネキサム酸を使用するうえでの安全策。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る