緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 落としてはいけないKey Article<7> ステロイドは痛みに効くか?─食欲とだるさはよくなるが痛みは変わらず

「緩和ケア」2016年1月号
落としてはいけないKey Article<7> ステロイドは痛みに効くか?─食欲とだるさはよくなるが痛みは変わらず

森田 達也(聖隷三方原病院 緩和支持治療科)
上元 洵子(聖隷三方原病院 放射線治療科)

【今月のKey Article】
Paulsen O, Klepstad P, Rosland JH, Aass N, Albert E, Fayers P, Kaasa S:Efficacy of methylprednisolone on pain, fatigue, and appetite loss in patients with advanced cancer using opioids;a randomized, placebocontrolled, double-blind trial. J Clin Oncol 32:3221-3228,2014

今回は,EAPC(European Association for Palliative Care)を率いるKaasa(この研究は実際にはKlepstand)のノルウェイで行われた比較試験をみてみます。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.1

緩和ケア 2016年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る