緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 若年成人がん患者の闘病のプロセスを共に歩む─YA世代の心理社会的特徴とアプローチ

「緩和ケア」2015年11月号
若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 若年成人がん患者の闘病のプロセスを共に歩む─YA世代の心理社会的特徴とアプローチ

枷場 美穂(静岡県立静岡がんセンター 緩和医療科)

young adult(以下,YA世代:20〜30歳代)は,自らが描く可能性を,現実の自分の置かれている場と照合し吟味しながら,その具体的実現に向けて動きだそうとする,あるいはすでに動き始めている時期である。がん罹患は,それまでの流れを遮り,治療中やその後の生活を根本から変えるほどの衝撃を与える。

本稿では,YA世代全般に通底している〈察する〉というテーマについて考えたあと,YA 世代を大きく3つのグループ〈20歳代前半〉〈20歳代後半から30歳代〉〈子育て世代〉に分けて,各年代における特徴を取り上げていきたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.6

緩和ケア 2015年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る