緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 現場で知っておくべき家族の課題と看護師にできること〈2〉若年成人がん患者の“子ども”のケア

「緩和ケア」2015年11月号
若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 現場で知っておくべき家族の課題と看護師にできること〈2〉若年成人がん患者の“子ども”のケア

奥寺 さおり(八戸市立市民病院 看護局)

家族は,「第2の患者」として支援が必要な対象者であることが唱えられてきた。しかし,患者の家族成員に成人期を迎えていない子どもが含まれていた場合,子どもは支援の対象には入れられず,その対応は家族に任せられてきた。しかし実際には,子どもも家族の一員であり,親ががん患者として闘病していることにより,影響を受ける存在である。さらに,患者や家族も,子どもへの対応を悩みながら闘病生活を送っている現状がある。そのめ,家族支援において,成人期を迎えていない子どもを含めてケアすることは,患者側からも重要なニーズである。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.6

緩和ケア 2015年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る