緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 若年成人がん患者が利用できる社会保障制度─緩和ケアの臨床家が知っておくと,患者の治療・ケアに役立つこと

「緩和ケア」2015年11月号
若年成人がん患者の緩和ケア─現場で知っておくべきYA世代の特徴と治療・ケア 若年成人がん患者が利用できる社会保障制度─緩和ケアの臨床家が知っておくと,患者の治療・ケアに役立つこと

品田 雄市(東京医科大学病院 総合相談・支援センター)

医療ソーシャルワークでは,何よりクライエントである患者・家族の主体性を重視する。彼らが病いにどのように向き合い,傷つき,対処しようとしているのかを知り,1 人ひとりの取り組みにおける生活課題について,患者を取り巻く環境にあるさまざまな社会制度を活用して支援するのが,医療ソーシャルワーク実践の特徴の1つであるといえる。
本稿では,YA 世代が活用できるさまざまな社会制度の中でも特に,医療費助成や福祉制度などといった社会保障制度を示し,その利用方法などについてまとめることを目的とする。その際に,患者・家族がそうした制度的資源をいかに活用しうるかについても,極力触れながら論を進めたい。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.6

緩和ケア 2015年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る