緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > FAST FACT〈6〉 ミオクローヌス

「緩和ケア」2015年11月号
FAST FACT〈6〉 ミオクローヌス

松本 禎久(国立がん研究センター東病院 緩和医療科)

ミオクローヌスは,「急速に起こり,繰り返す,電撃的な不随意運動」のことである。持続性のミオクローヌスの頻度は,10万人あたり6~8人と報告されており,頻度は高くない。一方,薬剤性などの一時的な原因によるものを含めると,比較的頻度の高い症状である。
ミオクローヌスは,睡眠の妨げ,痛みの誘発,日常生活動作への影響,患者・家族の心理的負担などにより,患者のQOLを低下させる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.6

緩和ケア 2015年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る