緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝─現場で広がるコツと御法度<6> オピオイドで性腺機能が低下する?

「緩和ケア」2015年11月号
緩和ケア口伝─現場で広がるコツと御法度<6> オピオイドで性腺機能が低下する?

上元 洵子(聖隷三方原病院 ホスピス科)
今井 堅吾(聖隷三方原病院 ホスピス科)

● オピオイドによる性腺機能低下は頻度が高く,QOLに大きく関わるが,見過ごされやすい。
● 評価として,「症状のモニタリング」「内分泌学的検査」「ほかの原因の除外」が大切である。
● 治療には,「オピオイドの減量・中止」「ホルモン補充療法」がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.25 No.6

緩和ケア 2015年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る