緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 口腔粘膜炎の発症機序と,がん治療へ与える影響

「緩和ケア」2017年1月号
口腔粘膜炎の発症機序と,がん治療へ与える影響

上野 尚雄(国立がん研究センター中央病院歯科)

口腔粘膜炎は発症頻度の高い副作用であり,がん治療中のつらい症状のひとつである。口腔粘膜炎は痛みにより患者を苦しめるだけでなく,経口摂取量を低下させ低栄養状態や脱水を招いたり,感染の侵入門戸となり全身感染症を起こすなど,QOLの低下を招くのみならず,全身状態に影響を与え,がん治療の大きな妨げとなる。つまり,適切な口腔粘膜炎のマネジメントの成否が,症状緩和だけでなく,がん治療の成否につながるという面もある。口腔粘膜炎の適切な対処を行うためには,口腔粘膜の特徴,粘膜炎の発症機序を十分理解しておく必要がある。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.1

緩和ケア 2017年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る