緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 味覚の変化のために食事が進まないと言われたらどうするか?

「緩和ケア」2017年1月号
味覚の変化のために食事が進まないと言われたらどうするか?

藤井 航(九州歯科大学老年障害者歯科学分野)
竹腰 加奈子(藤田保健衛生大学七栗記念病院看護部)

緩和ケアの対象となる患者は高齢者が多く,もともと味覚障害を有している可能性も高いため,化学療法や放射線療法などを行う前の状態を把握しておくことが重要である。
また,治療に伴う味覚障害から,食欲不振・摂食量低下を合併すると脱水・低栄養に陥り,口内炎やひいては嚥下障害を引き起こし,さらなる脱
水・低栄養に陥るといった負の連鎖が発生するので注意が必要である。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.1

緩和ケア 2017年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る