緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > のぞいてみよう!国際学会最前線<1>臨床における疑問を研究につなげる

「緩和ケア」2017年1月号
のぞいてみよう!国際学会最前線<1>臨床における疑問を研究につなげる

山口 崇(神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科)

The European Association for Palliative Care (EAPC)は,ヨーロッパ全土に緩和ケアを,臨床・研究・社会それぞれの領域において広めることを目的として,1988年に結成された団体です。
EAPCの学術大会には,World Congress(日本語で言うと「全体大会」的な感じでしょうか)とResearch Congress(こちらはより「学術大会」的な印象が強い)の2つあり,それぞれが隔年で交互に開催されています。World Congressはどちらかというと緩和ケアが発展途上の国で開催され,Research Congressは比較的緩和ケアがさかんな国で開催される傾向がみられるように思います。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.1

緩和ケア 2017年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る