緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<13> 高齢者の幻覚妄想に酸棗仁湯

「緩和ケア」2017年1月号
緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度<13> 高齢者の幻覚妄想に酸棗仁湯

奥野 滋子(湘南中央病院在宅診療部)
森谷 記代子(湘南中央病院在宅診療部)

● 高齢者の幻覚妄想に,抗精神薬に比べ副作用や依存性が少ない酸棗仁湯が有用。
● 幻覚妄想や不眠が出現したらすぐ開始する。
● 併用により,抗精神薬の減量や中止が期待できる。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.27 No.1

緩和ケア 2017年1月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る