緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > メサドンの投与方法─stop and goか3-days switchか

「緩和ケア」2016年11月号
メサドンの投与方法─stop and goか3-days switchか

三浦 基嗣(北海道大学大学院 医学研究科 麻酔・周術期医学分野)
敦賀 健吉(北海道大学病院 腫瘍センター緩和ケアチーム)
瀧川 千鶴子(KKR札幌医療センター緩和ケア科)

メサドン導入方法には,stop and go( 以下,SAG)と,3‒days switch(3DS)がある。これらの導入方法,換算方法について,使用経験豊富
な海外では,Sarsh McLeanらをはじめ多くのSystematic Reviewが存在する。それらを踏まえ,本稿では,患者に合わせたメサドン導入方法について症例検討も含め言及する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.6

緩和ケア 2016年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る