緩和ケア・緩和医療・がん看護・在宅・看取り・終末期ケア の臨床に携わる方のためのサービスサイト

こんにちは、ゲスト さん
ホームへ戻る > 記事一覧 > メサドンをうまく使うコツ(2)メサドンをどう使うか

「緩和ケア」2016年11月号
メサドンをうまく使うコツ(2)メサドンをどう使うか

松田 良信(宝塚市立病院緩和ケア内科)
吉川 善人(宝塚市立病院緩和ケア内科)
岡山 幸子(宝塚市立病院緩和ケア病棟)
木村 祥子(西脇市立西脇病院内科)
板倉 崇康(兵庫県立柏原病院内科)

市販後の2013年4月から2016年7月までの間に,宝塚市立病院で他のオピオイドからメサドンに変更されたがん疼痛の患者69例のうち,用量設定完了に至ったのは59 例である。そのうち,長期投与例,用量設定に至らなかった例,在宅での看取りに至った例について報告する。

◆ この文献の続きは、下記書籍からお読みいただけます。

Vol.26 No.6

緩和ケア 2016年11月号

¥1,500(税別)
  • 購入する
  • 定期購読
  • バックナンバー
ページトップへ戻る